ロゴ
診療科目

ホーム > 診療科目 > 消化器科

・消化器科

膵炎(急性膵炎・慢性膵炎)

原因と症状

膵炎(すいえん)とは、膵臓に炎症が起こる病気のことです。
症状としては突然の食欲不振、嘔吐、下痢、腹痛、腹部が床で圧迫されることによる痛みを緩和するために、フセの体勢でお尻だけ持ち上げるポーズをとることもあります。ほとんどは原因不明ですが、高脂肪食を食べていたり、内分泌疾患を患っていたり、肥満であったりすることが原因になりうると考えられています。

<多い犬種>

トイ犬種、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル、コッカー・スパニエルなど

<治療法>

膵炎には特効薬や外科的治療というものがありません。輸液療法をはじめ、嘔吐や下痢、腹痛を抑える薬を使うなど、緊急の対症療法を行っていきます。自力での摂食が可能になった場合は低脂肪の療法食を与えていき、容態が落ち着いたら退院になります。その後、自宅での食餌療法、定期的な通院という流れになります。