ロゴ
診療科目

ホーム > 診療科目 > 消化器科

・消化器科

腸閉塞

原因と症状

腸閉塞とは、消化管(胃や腸)の内容物がなんらかの原因で通過できなくなってしまう病気です。異物の誤食や腸重積(腸管の一部が腸管の中に入り込んでいる状態)、回虫などの腸内寄生虫の大量寄生、腹腔内の腫瘍、ヘルニアなどが原因になることが多いです。
食欲不振、嘔吐、腹痛、便秘、下痢などといった症状が起こります。

<多い犬種>

ジャーマン・シェパード,ミニチュア・ダックスフンドなど

<治療法>

異物を取り除くための手術による外科的処置を行います。閉塞によって腸管の血管の血行障害が起こり、腸管の壊死(腸管の組織が回復できないほどダメージが激しい状態)を起こしている場合は、その腸管部分を切り取り、腸管の端々を接合する手術となります。また、ショックなどを起こしている場合は、点滴などの処置を行い状態の改善を図ることが優先されます。