ロゴ
診療科目

ホーム > 診療科目 > 泌尿器科

・泌尿器科

子宮蓄膿症

原因と症状

避妊手術を受けていない高齢の雌の犬によく見られる、子宮内膜が腫れ、そこに細菌感染を起こし、子宮内に膿がたまる病気です。黄体ホルモンの分泌により子宮が肥厚する、という状態を何度も繰り返すと感染しやすくなるため、発情期をたくさん経験し、高齢になるほど発症リスクが高くなります。陰部から膿が出る、発情出血がいつもより長い、多飲多尿、発熱、嘔吐や下痢といった症状がみられたらすぐに獣医師にご相談ください。

<多い犬種>

犬種での差はなく、避妊手術をしていない雌の高齢犬でみられることが多いです。

<治療法>

動物病院で子宮蓄膿症だと診断された場合、緊急管理で即入院になることがほとんどです。全身状態に問題がなければすぐに子宮と卵巣を摘出する手術をします。他の疾患を患っていた場合、高齢犬には手術の負担が大きいため、抗生剤投与と輸液療法により体力の回復を待ってから手術を行うこともあります。