ロゴ
診療科目

ホーム > 診療科目 > 泌尿器科

・泌尿器科

尿石症

原因と症状

尿石症とは、尿石によって引き起こされるさまざまな病気を含み、血尿や膀胱炎、場合によっては尿道閉塞を引き起こします。根本的原因には体質がありますが、食事内容や遺伝的な代謝異常、他の病気(門脈体循環シャントなど)が原因となることがあります。症状としては頻尿、血尿、排尿痛、普段しっかりとトイレができる子が粗相をしてしまう、といったことが見られます。尿道閉塞が起こり、尿が出せなくなってしまうと、本来体外に出すべき老廃物が血液中に増加し、尿毒症になってしまったり、膀胱破裂を起こしてしまうこともあり、命に関わります。

<多い犬種>

ダルメシアン、ミニチュア・シュナウザー、ヨークシャー・テリア、シー・ズー、ラサアプソ、ブルドッグ、ダックスフンド、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルなど

<治療法>

治療は、外科的に結石を摘出するか、食事療法や内科療法が行われます。水分をしっかりとること、ストレスを減らし、食事のミネラルやタンパク質の量を適正に保つことが予防につながります。肥満も結石のリスク要因なので、太らせないようにしましょう。結石ができやすい犬には、結石に応じた予防になる療法食を与えるのも予防へつながります。
おすすめの食事やおやつに関しては獣医師にご相談ください。